OLを辞めて東京のデリヘルで働き始めました

私は昨年から東京で風俗のデリヘルの仕事をしています。前職はOLで大手企業に勤めていたのですが、あまり給料が良くなくて生活費が少ないことがとても辛く、退職をした高収入が得られる風俗の仕事を始めたのです。
デリヘルの仕事はまず待機場所で仕事が入るまでは待機しています。私のお店の待機場所は広く、テレビなども置いてあるので暇をつぶす手段には困りません。また、同じお店で働いている女の子と仲良くなって話したりしているとあっという間に時間は過ぎていきます。

仕事が入ると待機場所からお客様のいる場所まで車で送迎してくれます。多いのは一人暮らしの方のマンションやアパートです。仕事を始める前は変なお客さんがいたらどうしようと不安になったりもしていたのですが、実際働いてみると心配していたような変なお客さんはほとんどいないですし、皆さんとても優しく接してくれるので働きやすいです。

お客さんはやはりサラリーマンの方が多く、仕事で疲れたからストレス発散をしたい、女の子との出会いが無くて彼女もいないからデリヘルで女の子と遊びたい、という方が多いように感じます。

デリヘルではフェラなどのサービスをすることになるので、日ごろからお客さんに喜んでもらうためにどうやって舐めたら気持ち良いのかということを勉強したりしています。AVなども見ますし、実際にお客さんにどこを舐めたら気持ち良いか聞く時もあります。こうした努力をすることで自分への指名も増えていきました。そして今では自分が満足できる収入を得ることが出来ています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です