風俗嬢デビューは童貞クンで

わたしが風俗嬢デビューをした相手は童貞クンでした。しかもかなり歳下の。私はあるきっかけで風俗嬢になりましたが、それほど性的な技術がある訳でもなく、大丈夫かなあ、自分に風俗嬢が出来るかなと心配でもありました。それが入店してその日に童貞クンが来たのです。その童貞クンは自分の童貞がコンプレックスでそれを解消するために来た。相手は誰でもいい。

とにかく童貞を失いたいと希望した男の子。そしてその彼についたのが私だったのです。私も初めてちょっとぎこちなかったですが、彼の夢をかなえないわけにはいきません。彼を主導して童貞喪失への道へ導きました。はじめは彼も緊張していましたが、次第に緊張も取れてきましたね。気持ちよくなってきたのかもしれません。

そんな彼を見ていると、わたしも初めてのエッチを思いだし、ちょっとずつ興奮してきてしまいました。

チェリー

誰にでも初めてのことってあるよなあ。また初めての時って不安だったけど、やってみれば、なんだこんなことだったのかとそれほど感慨深くなる思いもなかったなあと思ったのです。

そして彼にはいい思い出として残ってくれたらいいなと思って、わたしも少し頑張りました。彼が私のサービスに満足してくれたかどうかわかりません。

でもすべてが終わった後、かなり満足そうな顔はしていましたね。そしてチップまで私に支払って帰宅したのです。これが自信になって、これから大人の道を進んでくれたらいいなと思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です